FC2ブログ
音楽、、グルメ、アンティーク、好きな事、きままにつづってます♪
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年08月05日 (水) | 編集 |
biナポリタンを作りました。
上には作った味玉をそえます。

温泉たまごも好きだけど、
この白身はシッカリ固まってて、黄身だけ半熟
そして柔らかい黄身にシッカリ味が染みている
、、という、たまごが大好きなのデス。
何回か作ってみて大好きな感じがつかめました^^


ajitama01.jpg

ラーメン屋さんの味玉といっても色んなゆで方があって、
普通の味付けのゆで卵だったりするところも多いのね。
固めの黄身ってボソボソしてちょっと苦手。。
青葉の味玉がおいしいから、このたまごが食べたいだけで
特製つけ麺を頼んでしまう事あるくらい。
青葉のオレンジ色をした黄身がゼラチンっぽい味玉をみたときは、
なにか特別の種類なおいしいたまごをゆでるとこうなるのかと思ってた。

 ☆味玉の作り方☆ 

たまごのお尻に画鋲で穴を開けて、
熱湯にて6分半(やや黄身が柔らかめ)~7分(やや黄身が固め)ゆでます。
そして、
冷たいお水で速攻で冷やす!
ここで、余熱が残ると、黄身が固まってしまうので、速攻で冷やすのがポイントです。

冷えたら、殻をむいて、つけだれに浸し一晩置きます。
うちのつけだれは、濃縮めんつゆを濃いめに割ったものとお醤油と顆粒の中華だしを混ぜたものです。
最初の頃は濃縮のめんつゆをちゃんと分量どおりに割ったものにつけたのだけど
それだと、なかなか黄身に味が染みないから、
濃いめつけだれにしたほうが味が黄身に染みておいしい。
ただしどんどん濃くなっちゃうから、翌日にはタレを薄めるか、はたまごを出します。

タレに浸したまま、2日目になると中の黄身がますますゼラチンぽくなっておいしいですよ~
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。